代表理事メッセージ

よりよい社会の実現のために、大切なのは「人」。創立以来、教育機関としての使命を全うしています。

1962年のECC外語学院創立からはじまったECCグループは、「語学教育をもって世界平和に貢献する」という基本理念を掲げ、語学教育に留まらないさまざまな学習機会の提供に努めてきました。特に英会話教育においては、拡大・普及に貢献してきたと自負しております。

激動と混迷を迎えた現代社会の中で、ECCが持つ役割はますます高まりを見せていると受け止めています。こうした中では、特に若い世代の方々が世界中に真の友人づくりを目指さなくてはならないでしょう。そこでまず必要となるのは、世界共通の言葉です。これなくして真の心の交流は生まれず、心の交流なくしてあたたかい友人関係は存在しえず、友人関係なくして確固たる平和は期待できません。卓越した語学力が必要となる所以であります。

急速な変化を遂げつつある国際社会の中では、語学力だけでなく、一人ひとりがさらに知識を深め、技術・能力を高め、そしてとりわけ「真の国際人」としての資質を備えることがとても大切となります。ECCが単なる学習のための場に終わることなく、広く世界の人々を、そして地球全体を見つめながら、実にさまざまな活動を全国のECC生や関係者を巻き込んで展開している理由はここにあります。

ECCには教育に真摯に取り組む人材と風土があります。長年にわたって培ってきたこのECCならではの基盤を生かし、今後も常に時代に呼応した教育の形を追求して参ります。また、ECCは社会貢献活動にもいち早く取り組み、創立から7年後の1969年に「地球救済キャンペーン」を開始しています。戦争・貧困・病気の撲滅をめざし、広く募金を募って各種支援団体に寄付を行うこの活動は現在も続けられ、「世界平和に貢献する」という創立以来変わらないミッションを遂行しています。この社会貢献活動については、今後も継続していくことはもちろん、ボランティア活動への参加など、将来的にはさらに関わりを広げていきたいと考えております。

株式会社ECC 代表取締役社長
総合教育・生涯学習機関ECC 代表理事

山口 勝美