人工知能を組み込んだ“外国語対話無料アプリ” をリリース | ニュースリリース | ECCグループのポータルサイト

人工知能を組み込んだ“外国語対話無料アプリ” をリリース

2017.09.21

 総合教育・生涯学習機関の株式会社ECC(本社:大阪市北区、代表取締役社長:山口勝美)は、外国人観光客への[おもてなし]をテーマにした外国語対話無料アプリ【おもてなCityへようこそ!】を2017年9月28日(木)にリリースします。これはアプリ内に人工知能(AI)音声対話技術を組み込んだもので、キャラクターやストーリー性を盛り込み、ソーシャルゲーム感覚で学習ができるアプリです。英語学習初心者の発音でも対話でき、発音のレベルも判定することができます。また対話内容によってストーリーの進行具合が変わり、気づかないうちに繰り返し学習ができるという部分も本アプリの特長です。

 昨今、人工知能や音声認識といった最先端技術が急成長していますが、それらは語学学習を前提として作られた技術ではないため、母語以外の発声では音声が認識されないなど、学習用としては成果が現れにくいものでした。今回リリースするアプリは、55 年に亘る英語教育の実績を誇るECC が、最先端の独自技術を研究することで新しい自学習の形を作っていくというものです。アプリ内で、実際の英語を使う環境を仮想体験することで、自然に理解することができるようになります。


image

『アプリケーション』 概要

リリース予定日 2017年9月28日(木)
対応OS iOS 10.0 以上
価格 無料
ポイント ・外国語教育市場でシェアNo.1(※1)のECCがプロデュース
・外国人観光客への[おもてなし]がテーマ
・英語学習初心者の発音でも対話でき、発音のレベルも判定。「対話」「英語」「ゲーム」を組み合わせた新しいカテゴリーのアプリケーション
特長 ・実際の話し相手がいなくても、従来は難しかったひとりでの対話練習ができる。
・英語学習初心者の発音でも対話できる。(※2)
・発音のレベルが判定できる。
・ゲーム感覚で楽しみながらプレイできる。
・コンピューター相手の対話なので緊張せず、制限なくプレイできる。
機能 ・「学習ノート」これまでの学習成果や発音レベルを確認できる。
・「単語帳」「センテンス帳」繰り返し学習に活用できる。

(※1)「語学ビジネス徹底調査レポート2017」矢野経済研究所調べ
(※2)大語彙連続音声認識エンジンJulius をベースに名古屋工業大学と共同研究開発