採用情報
ECCジュニア 仕事情報【講師】

子どもに英語を話す楽しさを教え、未来につながる「力」を育む仕事です。

採用情報

現在募集中の職種

12/15up!中部 【ECC幼児教育推進センター】中部|愛知県
⇒幼稚園・保育園での英会話 非常勤講師募集
12/12up!近畿 【ECC幼児教育推進センター】近畿
⇒【近畿一円】幼稚園・保育園での英会話非常勤講師募集
12/12up!中国 【ECC幼児教育推進センター】中国
⇒【広島・岡山】幼稚園・保育園での英会話非常勤講師募集
12/6up!近畿 【ECC幼児教育推進センター】近畿
⇒【富山】幼稚園・保育園での英会話非常勤講師募集
12/5up!九州 【ECC幼児教育推進センター】九州
⇒【九州一円】幼稚園・保育園での英会話非常勤講師募集 
11/30up!関東 【ECC幼児教育推進センター】関東|栃木県
⇒【栃木・群馬】幼稚園・保育園での英会話非常勤講師
11/30up!関東 【ECC幼児教育推進センター】関東|千葉県
⇒【千葉・茨城】幼稚園・保育園での英会話非常勤講師
11/30up!関東 【ECC幼児教育推進センター】関東|東京都
⇒【東京】幼稚園・保育園での英会話非常勤講師
11/30up!関東 【ECC幼児教育推進センター】関東
⇒【埼玉】幼稚園・保育園での英会話非常勤講師
11/30up!関東 【ECC幼児教育推進センター】関東|神奈川県
⇒【神奈川】幼稚園・保育園での英会話非常勤講師
ECCジュニア講師の主なお仕事/幼児教育推進センター講師 ECCジュニア講師の求める人材像

講師(課外)

幼稚園や保育園での英会話レッスン。「課外」と「正課」の2つの形態があります。

講師(課外)

「課外」とは、幼稚園等の施設での保育時間終了後、地域の希望者を対象に行う英語教室です。基本的に幼児から小学6年生までが生徒となり、課外の場合午後のレッスンが中心。1レッスンは幼児が40分、小学生は60分、1クラスの定員は10~15名前後で、1日1レッスン~3レッスンを受け持ちます。

講師(正課)

「正課」は保育時間中に園の正規カリキュラムの一環として英語レッスンを行います。対象は30人前後の園児となり、レッスン時間は40分(3歳児は30分)。保育のプロである幼稚園教諭等の前でレッスンを進めるため、高い教授力が要求されます。

講師(課外)

幼稚園や保育園での英会話レッスン。「課外」と「正課」の2つの形態があります。

幼稚園や保育園に赴いて英会話レッスン。「課外」と「正課」の2つの形態があります。

先輩講師より
初めて英語に出会い、好きになるきっかけを子どもに与える仕事です。
先輩講師より

課外と正課の両方のクラスを担当しています。以前、幼稚園教諭をしていた経歴を生かせ、また英語に携わる仕事をしたいという思いがここでかないました。正課では様々な子どもがいるので、いかに興味を惹きつけられるかという保育力が問われます。一方課外では保護者の方も成果を期待されますから、タイムリーに情報提供をするなどのフォローも必要です。自分のスキルを試されますが、それでも子どもの成長を間近で見ることができるのが何より嬉しいですね。

子どもはもちろん、保護者の方、スタッフ、先輩講師・・・。多くの方との出会いも魅力です。
先輩講師より

採用されるまでは「私にできるかな」と不安でしたが、採用されたことで「頑張ろう」という意欲に変わりました。入社後に教授法まで細かく指導される研修があり、教材も充実していたので講師デビューまでしっかりと準備できたのも安心でした。この仕事を始めてから、レッスンの準備をしたりゲームの演出を考えることも私自身の楽しみの一つになりました。子どもたちに「楽しい」と思うことをたくさん紹介してあげたい、その気持ちを忘れずに続けていきたいです。

ECCジュニア講師の主なお仕事/幼児教育推進センター講師 ECCジュニア講師の求める人材像

英語を通じて子どもと接し、一緒に成長していきたい方を望みます。

子どもが好きで英語の好きな方。
子どもの心を捉え、愛情をもって指導できる熱意のある方。

英語を通じて子どもと接し、一緒に成長していきたい方を望みます。

採用担当者より
大らかな気持ちで、真面目に、根気強く。必ず自分を成長させてくれる仕事です。
採用担当者より

この仕事に求められるのは、何より細やかな気配りができ、子どもが好きであるということです。園児などの子どもにレッスンを提供するわけですから、ただ教えるだけでなく子どもの様子や安全面にも常に配慮しなければなりません。もちろん、英語力は必要ですが、社会経験のある方や子育ての経験のある方が十分にそのキャリアを生かせる仕事だと思います。教育トレーナーがいるので、日頃のレッスンに対する指導も行いますし、レベルアップのための研修も随時実施しています。最初の1年間は大変かもしれませんが2年目からは次第に余裕ができ、講師としても社会人としても大きく成長できる仕事です。

ページトップに戻る